スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大澤悠里

TBS元アナウンサー大澤悠里氏の講演があった。
1月14日 文京区民センター
何故か文京区のホームページからの催し物サイトでは一切触れられていなかった。

相変わらずの調子で軽妙にしかも解りやすく老後について話をしていた。
最後に何か質問をと言われ2名ほど前の法に座っていた方が質問したが、ここでも先ず自分の自慢話から入り質問はほんの一言。
どうして国会議員と言い教養が身に付いた人は、端的な質問が出来ないのだろうか。
私も質問があったが躊躇していると打ち切られてしまった。
20年以上前のこと、偶然TBSラジオを聞いていたときのこと、今のお色気大賞の前身だと思うがスケベ話を紹介していて姉弟が何をしてしまった話だった、大澤氏は何度も「おい、こんなの読んでいいのかよ」と心配しながら最後まで読んでいた。
その後暫く聞く機会がなかったが近頃は募集の際「笑えるユーモアのある話」と必ず付けている、これはあの放送がきっかけではなかったかと今でも思っている、その真偽を確かめたかった。
毒蝮三太夫なる人物が司会する「ミュージックキャラバン」というコーナーがある、ここでは集まった聴衆を所謂客いじりをするのが主でそのあげくいじられている人が自分の考えていない方向に誘導され不快感をあらわにしてもお構いなしにつっこんで来るというコーナーだが、いじり過ぎて時間が無くなってリクエスト曲がかからないことが多い、その時大澤氏は一所懸命促すのだが無視される、あの単純なワンパターンの誘導やコマーシャルを落としそうな展開は台本なのだろうか、或いは毒蝮氏の個人的資質なのだろうかとききたかった。
大澤悠里

スポンサーサイト
プロフィール

アルス文京目白台

  • Author:アルス文京目白台
  • アルス文京目白台ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。